日本海も東北線も寸断 JR貨物で複数路線運休へ 秋田から東京へ「引き返し」も

「どちらかに迂回する」という対応が、今のところ不可能な状況です。

東北の各地で運休が発生

Large 220803 kamotu 01
貨物列車を牽引する電気機関車(恵知仁撮影)。

 3日から続く全国的な大雨。東北地方では顕著な被害が出ており、鉄道も各地で運休が生じています。その影響で、貨物列車も運転中止を余儀なくされています。

 JR貨物は8月4日17時時点の貨物列車の運行状況を発表。東北ルートは八戸貨物駅~盛岡貨物ターミナル駅間(青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道経由)、日本海ルートは大館駅~秋田貨物駅間(JR奥羽本線)がそれぞれ運転中止となっています。

 これにより、青森以北と盛岡・秋田以南をむすぶ貨物輸送路線はどちらも運転できない状況に。

 奥羽本線は大館駅付近での道床が流出し、線路が空中にぶら下がるなど、復旧が困難な状態です。一方でIGRいわて銀河鉄道では奥中山高原駅~小鳥谷駅間で「土砂流入」という状況であることから、被害は比較的軽微と判明する可能性もあります。

 なお、どちらかが先に復旧した場合、JR貨物は奥羽本線と北上線を利用して、日本海側と東北線を移動し迂回することが可能になります。

 貨物列車はほかにも白新線、羽越本線、IRいしかわ鉄道線、北陸本線での寸断により、運転中止となっています。

 3日22時現在の列車運休情報によると、2日に隅田川駅を出発した大館行きは、手前の秋田貨物駅で運転打ち切り。そのまま臨時列車として隅田川行きとなり、東京へ引き返していきます。

 同様の措置は3日発の東京貨物ターミナル→酒田便(新潟で引き返し)、隅田川→盛岡貨物ターミナル便(宇都宮で引き返し)でも実施されています。

【了】

テーマ特集「【随時更新】東北・北陸地方の豪雨による交通機関への影響」へ

【被害状況と運休区間】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これ北海道がダメージ受けてるんだけど
    地上波放送だとちっとも扱ってない
    地方軽視しすぎとおもう