ワイルドだろう!「RAV4」艶消しブラックバンパーのオフロード特別仕様車を発売 トヨタ

オフロード感マシマシが特徴とか。

その名も「ゴリゴリ ブラック塗装」

 トヨタは2022年10月4日(火)、RAV4を一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム仕様の「RAV4 PHV」を、RAV4のZグレードとして設定。あわせてAdventureグレードに特別仕様車「Adventure “OFFROAD package II”」を設定し、発売しました。

Large 20221004 02 07 01

拡大画像

RAV4 特別仕様車 Adventure “OFFROAD package II”(ハイブリッド車)のオプション装着車(画像:トヨタ)。

 主な変更や改良は、交差点右折時の対向直進車や右左折時の横断歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の機能を拡大した点や、コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用して10.5インチの大画面ディスプレイを設定、クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」も採用したことで、ほかにもデジタルインナーミラーに録画機能を採用したり、パナソニック製の空気清浄機「ナノイーX」を標準装備したりするなどしたことです。

 特別仕様車「Adventure “OFFROAD package II”」については、外板色にアティチュードブラックマイカ×アーバンカーキなど専用のツートーンを2色設定し、フロントバンパーやドアミラーなどに、塗料を塗り重ねることでつくり出した凸凹があり艶を抑えた質感の「GORI GORI BLACK塗装」を施し、オフロードイメージを強調しているのが主なポイントです。

 改良されたRAV4の価格は293万8000円(税込み)からで、特別仕様車「Adventure “OFFROAD package II”」は388万4000円(税込み)からとなっています。

【了】

【内装は?】改良RAV4&特別仕様車 画像で見る

最新記事

コメント