新綱島・綱島どっちからでも“同額” 東急新横浜線運賃 新横浜いくと高くなる

新綱島~新横浜は“東急らしからぬ”運賃額かも。

東急新横浜線の運賃認可

 東急電鉄は2022年10月21日(金)、翌年3月開業予定の新線「新横浜線」(相鉄・東急直通線の新横浜~日吉間5.8km)について、運賃設定にかかる申請が国に認可されたと発表しました。

Large 221021 tokyu 01
工事中の新横浜駅(乗りものニュース編集部撮影)。

 新横浜線を利用する場合、設備投資費を回収するため「加算運賃」が適用されます。ただしその設定区間は“新横浜~新綱島”で、新綱島~日吉間には適用されません。

 新横浜線の途中駅となる新綱島は、東横線の綱島駅と近接した位置にあるため、新綱島~日吉間には加算運賃を設けず、どちらの駅からでも東横線・目黒線方面の運賃が同額になるとのこと。綱島~日吉間(東横線)が有効な定期券で新綱島駅にて乗降、新綱島~日吉間(新横浜線)が有効な定期で綱島駅にて乗降できるようにするということです。

 一方、新横浜~新綱島間の加算運賃は、大人運賃で70円。通勤定期1か月だと2620円になるそうです。同区間と他の区間とにまたがって乗車する場合に適用されます。

【了】

【お高い?】新横浜線の加算運賃と「新綱島の特例」画像で見る

最新記事

コメント