台風で着陸困難 旋回続ける日航機の航跡

日本列島に上陸した台風11号の影響で、各交通機関に大きな影響が出ています。台北発関空行き日本航空814便は関空に着陸できず、淡路島上空で旋回を続けたのち、到着地を成田に変更。その苦闘の航跡が残っています。

淡路島上空で旋回、待機するも

 2014年8月10日(日)8時46分に台湾・台北桃園空港(TPE)を離陸した関西国際空港(KIX)行き日本航空814便は、台風11号の影響で関空に着陸できず、成田空港へ到着地を変更しました。

青~緑色のラインが日本航空814便の航跡。線の色は高度が上がるほど青く、下がるほど緑になる。この画像からは、日本航空814便が淡路島付近でしばらく待機したのち、高度を落とし関空へ着陸を試みたものの、断念。再び高度を上げているのが分かる。

 航空機の現在位置をほぼリアルタイムで表示するWebサービス「Flightradar24」によると、日本航空814便は関空近くの淡路島上空で旋回を繰り返しながら状況の好転を待ったのち、着陸にチャレンジするも断念。上昇して、成田空港へ進路を切り替えています。

 また日本航空によると、到着地を変更した814便は成田空港へ14時13分に着陸。14時55分頃に再び関空へ向け離陸して、16時20分頃に関空へ到着する予定です。定刻であれば12時15分に関空へ到着していました。

 「Flightradar24」は航空機から発信されている「ADS-B信号」を受信し、ほぼリアルタイムで地図上へ航空機の位置を表示するサービス。Web版のほか、スマートフォン用アプリなども用意されています。

http://www.flightradar24.com/

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20140810_typhoon

関連記事

最新記事

コメント