知らずにしてるかも? 鉄道の不正乗車

定期券の不正乗車は100万円以上の請求も

 定期券でも、知らないうちに不正乗車になっているかもしれません。

 JRの定期券は、そこへ記された経路通りにしか乗車することができません。そのため例えば東京駅から新宿駅まで中央線経由の定期券を持っているのに、東京駅から新宿駅まで山手線で行ったら不正乗車になります。ただ、例えば赤羽~大宮間を含む定期券の場合、埼京線経由でも東北本線(宇都宮線・高崎線・京浜東北線)経由でもOKという特例が設けられていることもあります。

 定期券の貸し借りについても、知らない人がいるかもしれません。持っている人が使える「持参人式定期券」などを除き、定期券の貸し借りはたとえ家族間であっても不正乗車です。

 定期券の不正乗車は発覚と同時にその定期券が無効になるほか、その定期券の有効開始日から不正乗車の発見当日まで記載区間を毎日1往復乗車した場合の運賃と、その2倍の増運賃が請求されるため、支払いが高額になることが珍しくありません。

 2007年に長野県のJR飯田線で発生した、他人名義の期限切れ定期券を10ヶ月使った元女子高校生のケースでは、正規の往復運賃が1300円、発覚までの日数が317日で41万2100円になり、そこへ2倍の増運賃82万4200円が加わって合計123万6300円が請求されました。

 また2006年、複数の日本大学運動部員が不正な定期券でJR線や京王線に乗車していたことが発覚。日本大学側が642万円を支払い、不正を行っていた運動部はしばらく公式戦出場を辞退したということもありました。

 不正乗車は軽い気持ちからやってしまう人が多いかもしれませんが、してはいけないのは当然として、このように金銭的にも社会的にも大きな罰を受けることがあります。子供のうちから、不正乗車に対する理解を深めさせていく取り組みが必要なのかもしれません。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 防犯を利用者の善意に委ねるのは無謀な事ですね。

  2. 定期ではなくICカードで入場し車窓を楽しみながら琵琶湖1週し逆周りで帰宅
    正規料金だと数千円だがひとつ手前の駅で降りると1区間の料金・・・
    一時期流行ましたがこれも詳しくは不正ですよね?(^^;

  3. >奈良健太さん
    JR西日本では、同じ区間を通らない大周り乗車は認められてるのでは?
    私も駅員さんに確認してから、やったことあります(´Д` )

  4. 山手線を一周する(例東京駅→東京駅)には、何円の切符を買えばいいのかな?
    入場券はもちろんダメだろうし、140円切符じゃないだろうし、
    その前にそんな乗り方するやつ普通いないか

  5. 大都市近郊区間の選択乗車により、往復の280円でよい

  6. 重複も認めちゃえばいいのに。それで、一発解消。
    利用効率は同じなんだから。

  7. 文中の快速等を利用して、目的地へ早く行く為の不正乗車についてはプログラムにより回避出来るのでは無いでしょうか?

    改札機の入場時間と改札機出場時間は把握出来る訳ですし、当日の運行状況も鉄道会社側には情報がある筈です。
    結果、計算するだけですから可否判定は出来るように思います。

  8. 不正叩くよりもサービスをユニバーサルにしたら。金額にさを付けず低所得者にも配慮して移動のとき100円循環バスみたいに使いやすくするとか。買い物難民ホームレス救済福祉難民救済などにも鉄道は役立とう。

  9. 以前は車内で定期券や乗車券拝見あったんだけど、最近あまりやらなくなったよねぇ( 。・-・。`)

  10. 日本大学の運動部は以前にもやらかしてたのか。
    部員其々に賠償金支払い命じればいいのにね。