【今日は何の日?】米軍機が中央本線の列車を攻撃 多数の死傷者が発生

8月5日、米軍の戦闘機が中央本線の列車を攻撃。大勢の死傷者が出ています。

 1945(昭和20)年の8月5日。中央本線の列車が現在の東京都八王子市内で米軍の戦闘機に襲われ、多数の死傷者が発生しました。

150805 chuouhonsen 01
八王子JCTの真下付近を通っている中央本線の湯の花トンネル(地図出典:国土地理院)。

 襲われた長野行きの列車は、浅川駅――現在の高尾駅をお昼頃に発車。山梨方面へ向かっていたところ、湯の花トンネルの手前で米軍のP-51戦闘機から攻撃を受けました。特に機関車と1両目が狙われ、列車は2両目の途中までトンネルに入ったところで停止。トンネル外で停車することになった3両目以降の車両は、激しい機銃掃射にさらされました。

 そのトンネルの名前から「湯の花トンネル列車銃撃事件」と呼ばれるこの悲劇、諸説ありますが大勢の負傷者と、50~60名の犠牲者が出たと考えられています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 普通に戦争犯罪