【今日は何の日?】常磐新線が開業 対策を迫られた常磐線

8月24日、常磐新線が開業しました。

 2005(平成17)年の8月24日。首都圏新都市鉄道の路線が秋葉原~つくば間で開業しました。「つくばエクスプレス」です。JR常磐線の混雑緩和などを目的に、「常磐新線」として計画が進められてきました。

150824 tx 01
秋葉原~つくば間の58.3kmを最速45分で結ぶ「つくばエクスプレス」(写真出典:photolibrary)。

 この「常磐新線」でもっとも所要時間が短い列車は「快速」ですが、その最高速度は130km/h。特急以外の在来線列車で、日本トップクラスの速さを実現しています。常磐線を助ける意味合いもあって誕生した、つくばエクスプレス。しかしその速さゆえ、常磐線は特急以外でも130km/h運転を始めるなど、つくばエクスプレス対策を迫られる状況になりました。


 つくばエクスプレスの開業は、東京~つくば間の高速バス、関東鉄道常総線などにも大きな影響を与えています。


【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント