鶴見駅にホーム新設 中距離電車停車を目指す動き

JR鶴見駅(横浜市)にホームを新設し、中距離電車の停車を求める動きが2018年度を予定している「相鉄・JR直通線」の開業を念頭に、活発化しています。

横須賀線の鶴見停車を目指して

 現在、鶴見駅(横浜市鶴見区)には京浜東北線と東海道本線、横須賀線、湘南新宿ライン、鶴見線という5種類の列車が通っています。しかしこれら5種類のうち、鶴見駅にホームがあるのは京浜東北線と鶴見線だけ。東海道本線、横須賀線、湘南新宿ラインの「中距離電車」はホームがなく、すべて通過してしまいます。

 そのため利便性向上などを目的に、鶴見駅へ横須賀線ホームを建設、中距離電車を停車させようという運動が昭和後期から存在しています。もしそうなれば、横須賀線の線路には湘南新宿ラインの列車も通っているため、鶴見駅から千葉・成田空港・渋谷・新宿方面、平塚・逗子方面への直結が実現しますが、ホーム建設スペースの確保が難しいことなどから、実現されていません。

 しかし横浜の交通網が2018~2019年頃に大きく変貌することを受けて、この鶴見駅への中距離電車の停車を目指す運動についても、新しい動きが見られるようになりました。

 現在建設中である、相模鉄道の西谷駅付近からJRの横浜羽沢貨物駅、新横浜駅を経由し東急東横線の日吉駅へ至る「神奈川東部方面線」。これによって2018年度内に、相模鉄道から横浜羽沢貨物駅でJR線に入り、渋谷・新宿方面へ直通する「相鉄・JR直通線」の列車が誕生する見込みです。

 そこで横須賀線ではなく、この「相鉄・JR直通線」の鶴見駅への停車を目指して2014年9月、横浜市鶴見区の区民や団体によって「鶴見駅中距離電車停車等推進期成会」が設立されたのです。

この記事の写真一覧

  • 20141020_tsurumi
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 要らない❗停車駅が増え、速達性とダイヤ回復が困難だから!

  2. という夢を見たんだ