【今日は何の日?】北海道の「日本三大車窓」区間が開通

9月8日、北海道の「日本三大車窓」区間が開業しました。

 1907(明治40)年の9月8日。官設鉄道釧路線の落合~帯広間が開業し、のちに「日本三大車窓」と呼ばれる区間に列車が走り始めました。現在のJR北海道・根室本線にあたります。

 このとき開通した狩勝峠区間(落合~新得)は、富良野側から帯広側へ向かって峠の狩勝トンネル(954m)を越えると、眼下に雄大な十勝平野が登場。「日本三大車窓」のひとつに数えられました。

150908 karikachitoge 01
狩勝トンネルを通る旧線は、現在の国道38号線に近いルートだった(地図出典:国土地理院)。

 しかし現在の根室本線で、その車窓は見られません。急勾配やトンネル老朽化などの理由から1966(昭和41)年、新狩勝トンネル(5790m)経由の新ルートが開通。「日本三大車窓」があった狩勝トンネル経由のルートは、廃止されたからです。

 ちなみに廃止された区間のうち一部は、のちに「狩勝実験線」として脱線や火災事故などの実験に使われています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 皮肉にも、2016年は、台風によりズタズタになり不通の状態で迎えた今日。
    無事に復旧することを切に願います。