日高本線、被災区間がさらに被災 台風17号の影響で

日高本線の災害によって不通になっていた区間が、さらなる被害を受けてしまいました。

今年1月に高波被害を受けた区間で

 JR北海道は2015年9月14日(月)、日高本線のうち災害で不通になっている区間が、台風17号の影響により新たな被害を受けたことを発表しました。

 苫小牧~様似間146.5kmを結ぶ日高本線は今年1月8日、厚賀~大狩部間で高波による土砂流出が発生。現在、鵡川~様似間116.0kmが不通になっています。この災害で不通になっている区間が、新たに被災しました。

150914 hidakahonsen 01
新たに被災した日高本線の災害不通区間(写真出典:JR北海道)。

 豊郷~清畠間では、海岸侵食防止のために設置されていた鋼矢板が倒れ、約80mにわたって路盤が流出。また厚賀~大狩部間では護岸壁の波返し部分が破損し、約50mにわたって路盤が流出しているとのこと。

 JR北海道は本日以降、被害の詳細を把握し、そのほかの区間においても被災状況の確認を行うとしています。

 今年1月に被災し、不通になっていた日高本線。その復旧は最大で約57億円を要するとされ、JR北海道が独力で復旧させることは難しいことから、その将来について模索が続けられていました。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント