東急目黒線、相互直通開始15周年 9月26日に記念イベント

9月26日に、東急目黒線の相互直通運転開始15周年を記念したイベントが開催されます。

乗り入れ車両デザインの記念入場券を発売

 2015年9月26日(土)、東急目黒線が相互直通運転を開始して15年が経過することから、目黒で記念イベントが開催されます。場所は目黒線目黒駅コンコースで、時間は10時から15時ごろまで。

 当日は、現在目黒線を走っている東急・東京メトロ都営地下鉄埼玉高速鉄道の車両がデザインされた記念入場券が発売されます。

 記念入場券は、1部につき大人券・小児券それぞれ3枚ずつ、合計6枚を記念台紙にセット。価格は600円(税込)で、購入は1人5部まで。2000部が用意され、なくなり次第販売終了となります。

 そのほか、相互直通運転を行う各社の鉄道グッズ販売や、「こども制服撮影会」「親子ミニゲームコーナー」などの無料イベントも行われます。

目黒線を走る6車両をデザインした記念入場券(画像出典:東急電鉄)。

 目黒線は元々、目黒~蒲田間を結ぶ旧・目蒲線の一部でしたが、東横線のバイパスとして使うため運行系統を変更。目黒~多摩川~武蔵小杉間が2000(平成12)年8月、新たに「目黒線」とされました(のちに日吉駅まで延長)。旧・目蒲線のそれ以外の区間、多摩川~蒲田間はこのとき「東急多摩川線」になっています。

 こうして生まれた東急目黒線は、同年9月26日から営団地下鉄(現・東京メトロ)南北線、都営地下鉄三田線との相互直通運転を開始。2001(平成13)年3月からは、南北線経由で埼玉高速鉄道と相互直通運転も始まり、現在へ至ります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント