イラスト入りご当地ナンバー、自動車も導入へ 国が具体案を検討

いま自動車でも、イラスト入りナンバープレートの導入計画が進行しています。

ひとつの地域で複数デザインも検討

 イラスト入りの“ご当地ナンバープレート”は、原動機付自転車で導入されていますが、2015年6月に関連法の改正が行われ、自動車についても導入されることになりました。

 その背景には、地域活性化を進める国の政策があります。ふるさとの名物などをデザインしたオリジナルナンバープレートを用意し、地域のブランド化に役立てるのが主な狙いです。

151028 number 01
原付で採用されているイラスト入りナンバープレート(写真出典:国土交通省)。

 国土交通省は2015年8月27日に、第1回の検討委員会を開催。会合では、図柄の選定基準や、ひとつの地域で用意するデザイン数などが議論されました。また文字の視認性を確保することや、従来と比べて増加するコストなど、課題も挙げられています。

 同省はこの議論をふまえ、10月29日(木)に第2回の会合を開くことにしており、制度設計に向けて論点整理を進める予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 図柄よりあの形や大きさが車のデザインの中で浮いている。
    EUサイズにする事は出来ないのか?
    ETC利権絡みで出来ないとか言うのはナンセンスだ。