入口付近を惣菜売り場にするスーパー 理由は駅の改札口

スーパーの入口付近にある売り場といえば、生鮮食品の場合が多く見られます。しかし祐天寺東急ストアはお総菜です。その理由は、改札口の目の前という立地と周辺環境にありました。

スーパーの入口付近にある売り場といえば

 2015年10月21日(水)、東急東横線の祐天寺(東京都目黒区)付近に、祐天寺東急ストアがオープンしました。東横線の高架下にあり、祐天寺駅の改札口を出るとすぐその前に、スーパーの入口がある形です。

入ってすぐの場所にお総菜などデリカ商品が並ぶ祐天寺東急ストア(2015年10月、恵 知仁撮影)。

 スーパーの入口付近に設けられている売り場といえば、季節感を出しやすいなどの理由から、生鮮品(青果)の例が多く見られます。しかしこの祐天寺東急ストアの入口にあるのは、お総菜などのデリカ商品です。

 なぜ同店では、このような状況になっているのでしょうか。そこには「改札前」という立地と、周辺環境がありました。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント