トーマス×ジェームスの重連走行実施 クリスマス特別運転で 大井川鐵道

大井川鐵道がクリスマス特別運転として、営業運転では初となる「トーマス号」と「ジェームス号」の重連走行を実施。チケットの申込みを受付けています。

当選はやはり平日有利?

 大井川鐵道は2015年11月12日(木)、クリスマス特別運転として「トーマス号」と「ジェームス号」の重連運転を行うと発表しました。

『きかんしゃトーマス』原作出版70周年を記念し実施されるのもので、まるでアニメから出てきたようだと人気の高い、同線で活躍中の「トーマス号」と「ジェームス号」が連結し、力を合わせて走行します。この重連走行は、営業運転では初の試みです。

写真の「トーマス号」は2014年から、「ジェームス号」は2015年から大井川鐵道で運転を開始(2015年6月、恵 知仁撮影)。

 運転日は12月24日(木)と25日(金)で、新金谷(静岡県島田市)と千頭駅(静岡県川根本町)のあいだを各日1往復します。

 また大井川鐵道では、12月19日(土)から23日(水)は「トーマス号」単独で、12月19日(土)と20日(日)、23日(水)は「ジェームス号」単独での運転も実施されます。

 乗車券は抽選販売になっており、11月24日(火)の23時59分まで、ローソンチケット(ウェブ)で受付が行われます。料金は片道大人2720円、小人1360円です。

 大井川鐵道によると「平日運転のほうが当選確率高いかも……」だそうです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント