力士たちはどう座った? 「相撲列車」、名古屋へ走る

東海道新幹線に風物詩の「相撲列車」が走りました。どんな列車なのでしょうか?

ホームを歩く200名の力士たち

 2014年7月13日(日)から始まる大相撲名古屋場所に備え、6月29日(日)、力士や行司たちおよそ200人が、東海道新幹線で東京から名古屋へ移動しました。このように、力士たちが団体で新幹線移動する光景は3月に大阪で行われる春場所でも見られるもので、「相撲列車」として、それぞれの場所の風物詩になっています。

新幹線で、きしめんの立ちい店が待つ名古屋へ向かった力士たち。ただ、この店には入らなかったと思われる。物理的に。

 この「相撲列車」は、貸し切り列車ではありません。東海道新幹線の列車はすべて16両編成で定員が1,323人のため、200人程度の利用では貸切にする必要がないのです。16両編成中のおよそ3~4両を相撲協会が借り、そこに力士たちが乗車する形になっています。ちなみに必ずそうだとは言えませんが、東海道新幹線の場合、団体客は13~16号車に乗車することが多いようです。

 さてここで、ひとつ気になることがありませんか? 身体の大きな力士が果たして座席に座れるか、という点です。

この記事の写真一覧

  • sumo
1 2

関連記事

最新記事

コメント