機体に「手羽先」と命名 香港の航空会社

LCCの香港エクスプレスが、保有する機体に「tebasaki(手羽先)」と命名しました。

ほかの機体にも食べ物の名前が

 香港のLCC(格安航空会社)香港エクスプレスは2015年12月8日(火)、保有するエアバスA320型機のうち1機を「tebasaki(手羽先)」と命名しました。

151210 tebasaki 01
左から、中部国際空港の友添社長、香港エクスプレスのアンドリューCEO、名古屋市の河村たかし市長(写真出典:香港エクスプレス)。

 同社の香港と中部国際空港(愛知県常滑市)を結ぶ路線について、さらなる利用促進を含めたPRの一環として実施されたもので、名古屋の名物である鶏の手羽先にちなんでいます。

 香港エクスプレスの香港~中部便は2014年9月に就航。現在は毎日1便の運航ですが、同社は2016年に1日2便(毎週14便)への増便も目指しているといいます。

 なお、香港エクスプレスはエアバスA320型機を13機保有。そのうち5機についてFacebookで命名コンテストを行い、「焼賣(しゅうまい)」「春巻」など中華の点心にちなんだ名前を付けています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント