【今日は何の日?】重岡宗太郎、生まれる

12月15日、重岡宗太郎が生まれました。

 1923(大正12)年の12月15日。「重岡宗太郎」が生まれました。

 鉄道ファンのあいだでは、隣り合う駅を組み合わせて人名のようにする“遊び”があります。その最も有名と思われる例のひとつが、この「重岡宗太郎」です。

Large 201021 shigeoka 01

拡大画像

重岡駅に停車している特急「36ぷらす3」(2020年10月、恵 知仁撮影)。

 その日、日豊本線の重岡駅(大分県佐伯市)と市棚駅(宮崎県延岡市)のあいだが開業。両駅間に宗太郎信号場(佐伯市)が設けられ、「重岡宗太郎」が生まれています(1947(昭和22)年、宗太郎信号場は宗太郎駅に昇格)。

 このように、隣り合う駅同士を組み合わせると人名のようになる例としては、「森田春江」(北陸本線・福井県)、「国分隼人」(日豊本線・鹿児島県)、「萩 玉江」(山陰本線・山口県)、「山瀬 学」(徳島線・徳島県)、「植田 泉」(常磐線・福島県)などが挙げられます。

【了】

【写真】「重岡宗太郎」のスタンプ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ポリッシャーマン Cancel reply

2件のコメント

  1. 飯田線の金野千代も有名ですよね

  2. 大口菊名(横浜線)