日本最速のローカル列車「超快速」がパワーアップ 北越急行

新潟県の北越急行が来年3月に行うダイヤ改正の内容を発表。超快速の増発や北陸新幹線との接続改善などにより、利便性が向上します。

越後湯沢発の下り超快速を1本増発

 新潟県の第三セクター鉄道北越急行が2015年12月18日(金)、来年2016年の3月26日(土)に実施するダイヤ改正の内容を発表しました。

 今年3月に北越急行線へデビューし、“日本最速のローカル列車”として話題になった超快速「スノーラビット」。その利便性が向上します。

超快速「スノーラビット」に使用される北越急行HK100形電車(2013年8月、恵 知仁撮影)。

 現在、超快速「スノーラビット」は上りが直江津駅から越後湯沢駅まで1本、下りが越後湯沢駅から直江津駅を経由してえちごトキめき鉄道の新井駅まで1本、運行されています。

 来年3月改正ではこれに加えて、越後湯沢駅を9時57分に出発して直江津駅へ10時54分に到着する下り列車を1本増発。上り1本、下り2本の合計3本が運行される予定です。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント