【今日は何の日?】日本一短かった鉄道トンネルが開通

1月2日、日本一短かった鉄道トンネルが開通しました。

 1945(昭和20)年の1月2日。かつて日本で一番短かった鉄道トンネルが開通しました。

 この日、長野原線が群馬県内の渋川〜長野原間で開業。現在のJR東日本・吾妻線で、長野原駅は長野原草津口駅です。

 そしてこのとき開通した区間に、日本一短かった鉄道トンネルが存在していました。樽沢トンネル、長さはわずか7.2mです。JR在来線の車両は1両20mが基本の長さ。その3分の1ほどしかありません。

160102 tarusawa 01
“日本一短かった”樽沢トンネル。吾妻線(旧線)の岩島〜川原湯温泉間に存在(2014年9月、恵 知仁撮影)。

 この程度の長さの場合、トンネルにせず切り崩すなどが一般的ですが、この場合はトンネルにされました。理由は岩盤が固かった、景観が良かったためなど諸説あります。

 ただ2014年、吾妻線はこのトンネルを含む区間が八ッ場ダムの建設に伴い新線へ切り替えられました。これにより樽沢トンネルに列車が通ることもなくなり、このトンネルは“日本一短い”から、“日本一短かった鉄道トンネル”になっています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント