交通系ICカード「nimoca」、オリジナルデザイン作成サービス開始 法人向け

「nimoca」で、オリジナルの交通系ICカードが作成できるようになります。法人向けで、500枚から可能です。また広く一般向けに、オリジナルデザインの「nimoca」をプレゼントするキャンペーンも実施されます。

500枚から受注 一般向けキャンペーンも

 株式会社ニモカ(福岡市)は2016年3月15日(火)、法人向けにオリジナルデザインの「nimoca」を作製するするサービス「デザインnimoca」を3月22日(火)から始めると発表しました。

160315 nimoca 01
写真やイラストなどでオリジナルデザインの「nimoca」を作製できる(画像出典:ニモカ)。

「nimoca」は九州で普及が進んでいる交通系ICカードで、「SUGOCA」や「Suica」「ICOCA」などと同様、全国相互利用サービスに対応しています。

 今回始まる「デザインnimoca」は、オモテ面に写真やイラストなどを印刷するサービスで、受注枚数は500枚から。販売価格は、例えば500枚だと1枚あたり800円、1万枚だと1枚あたり700円です(いずれも税抜)。デポジット(預かり金)は不要ですが、デザイン費が別途必要な場合があるほか、記名式カードへの変更や定期券の搭載ができないといった注意点があります。

 また、サービス開始を記念し「あなただけのオリジナルnimocaを作ろう!」キャンペーンが行われ、世界に1枚だけのオリジナル「nimoca」や、カードのキャラクターであるフェレットの「nimoca」が当たるとのこと。

 ニモカは「開業・開店やアニバーサリーの記念品に、プレゼントや景品に、『デザインnimoca』サービスをぜひご活用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント