山陽電鉄19年ぶりの新車、試乗会と車両見学会を開催

山陽電鉄が19年ぶりに導入する新型車両、6000系。その試乗会と車両見学会が開催されます。

参加には事前申し込みが必要

 山陽電鉄は2016年3月15日(火)、デビューを控える新型電車6000系の一般向け試乗会と車両見学会を開催すると発表しました。

160316 sanyo6000 01
普通車運用から直通特急運用まで幅広く対応するという6000系電車(写真出典:山陽電鉄)。

 同社19年ぶりの新型車両である6000系は、「環境にやさしく、安全・快適な車内空間の提供」がコンセプト。いままでの山陽電車のイメージも踏襲しつつ、随所に刷新した省エネ機器やサービス設備を採用しているのがポイントです。

 試乗会と車両見学会は4月17日(日)に開催予定で、いずれも山陽姫路駅で集合・解散。参加は無料ですが、4月3日(日)までにウェブサイトから応募が必要です。申込み多数の場合は抽選になります。

 山陽電鉄は、「車内での新型車両の説明や楽しいイベントなど、ご家族連れの方やご友人同士でもお楽しみいただける内容」と参加を呼びかけています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新型車両の楽しみ