「つぎとまります」押し放題 福岡の天神で降車ボタン約125点展示

バスの降車ボタン約125点などを一挙展示するイベントが、福岡の天神で開催。今年はバスダイヤの作成を体験できる講習会も実施されます。

約30年にわたってコレクション

 西日本鉄道は2016年4月4日(月)、西鉄福岡(天神)駅の上にある雑貨館インキューブ天神店(福岡市中央区)で、4月8日(金)から10日(日)までの3日間、イベント「禁断の押し放題!『つぎとまります』バス降車ボタン展示会」を開催すると発表しました。

 昨年、大好評だったというこのイベントが今年も開催。日本で使われたバス降車ボタンの9割以上を所有するコレクター・石田岳士さんが協力し、約30年にわたってコレクションした約125点のボタンや周辺機器などが一挙公開されます。

160404 nishitetsubusbutton 01
押し放題のバス降車ボタン。期間中は石田さんも来場予定(写真出典:西日本鉄道)。

 展示中のボタンは自由に押せるようにしてあり、「『誰よりも先に押したい、何度も押したい』という願いを叶えます」(西日本鉄道)とのこと。

 またイベント中には、西鉄バスのグッズを限定販売するほか、今年は新たに「バスダイヤ講習会」を実施。講師を務める西鉄バスのダイヤ作成経験者と一緒に、バスダイヤの作成を体験できます。

 西日本鉄道は「この機会に、ぜひ当店にご来店いただき、“押して、撮って”の3日間を心ゆくまでお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スクールバスなのに押す生徒、終点なのに押す客何なの。