2tトラックで初 衝突回避などの先進機能を搭載 トヨタ

乗用車への搭載が進んでいる衝突回避や衝突時の被害軽減に寄与する機能が、2tトラックにも初めて装備されます。

車線逸脱の危険を知らせる機能も搭載

 トヨタは2016年4月7日(木)、トラックの「ダイナ」と「トヨエース」について、2t積系を改良し5月6日(金)から発売すると発表しました。

 今回の改良では障害物を検知して衝突を回避したり、衝突時の被害を軽減する「プリクラッシュセーフティ」(歩行者検知機能付)が標準装備されました。2t積系トラックでは初めてだそうです。またあわせて、道路の白線や黄線を認識して車線逸脱の危険を知らせる「レーンディパーチャーアラート」も搭載。多面的な安全運転支援を可能にしたといいます。

160408 toyota 01
衝突回避や衝突時の被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」の作動イメージ(画像出典:トヨタ)。

「プリクラッシュセーフティ」は、国の「先進安全自動車(ASV)」に対する減税措置に適合しており、カーブや急ハンドル時に横滑りを抑える「車両安定性制御システム(VSC)」とあわせて装備することで、自動車取得税が取得価額から525万円控除、自動車重量税は初回のみ75%減税されます。

 メーカー希望小売価格は、「カーゴ」が410万円台から、「ルートバン」が420万円台からです(税込。リサイクル料金別)。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント