「いつもと違う夜景を」 5つの橋が夏至と七夕にライトダウン 首都高

環境省主催の「CO2 削減/ライトダウンキャンペーン」に賛同する取り組みとして、首都高速の5つの橋が、2016年6月21日(夏至)と7月7日(七夕、クールアース・デー)にライトダウンを実施します。

環境省主催のキャンペーンに賛同

 首都高速道路は2016年6月8日(水)、夏至にあたる6月21日(火)と、七夕で「クールアース・デー」でもある7月7日(木)に、5つの橋においてライトダウンを実施すると発表しました。

 この取り組みは、地球温暖化防止を目的にライトアップ施設や家庭の電気の消灯を呼びかける、環境省主催の「CO2 削減/ライトダウンキャンペーン」に賛同したものといいます。

160608 syutokolight 01
首都高速道路でライトダウンを実施する5つの橋(画像出典:首都高速道路)。

 ライトダウンが実施される橋とその時刻は次のとおりです。

・レインボーブリッジ(11号台場線):20〜22時
・横浜ベイブリッジ(湾岸線):20〜22時
・鶴見つばさ橋(湾岸線):20〜22時
・かつしかハープ橋(C2中央環状線):日没〜22時
・五色桜大橋(C2中央環状線):日没〜22時

 このとき、高速道路本線の照明を除く、ライトアップ照明とイルミネーション照明が消灯されます。2日間のライトダウンにより、5つの橋で合計およそ2000キロワットアワーの電力が削減されるとのこと。首都高速は「いつもと違う首都高の夜景をご覧いただき、多くの皆様に環境に配慮した生活について考えるきっかけとしていただきたい」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント