「Suica」、新たに11駅で利用可能に 10駅ではサービス拡大 JR東日本

2017年4月1日から、JR中央本線と篠ノ井線の11駅で新たに「Suica」が利用できるようになります。また、別の10駅では「Suica」で利用できるサービスが拡大されます。

2017年4月1日から

 JR東日本は2016年12月2日(金)、電子マネー「Suica」を利用できるを増やすと発表しました。

 2017年4月1日(土)初電から、新たに以下11駅で「Suica」が利用できるようになります。乗車のほか、「Suica」「Suica定期券」の発売や払い戻し、再発行も可能です。

●首都圏エリア
・中央本線:新府、穴山、日野春、信濃境、すずらんの里、青柳、みどり湖
・篠ノ井線:広丘、村井、平田、南松本

2017年4月1日から新たに「Suica」が利用できるようになる駅とサービスを拡大する駅(画像出典:JR東日本)。

 また現在、「タッチ&ゴー」による乗車サービスに対応している以下10駅でも、2017年4月1日(土)から新たに「Suica」「Suica定期券」の発売や払い戻し、再発行など「Suica」に関するすべてのサービスが利用できるようになる予定です。

●首都圏エリア
・中央本線、篠ノ井線:長坂、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、塩尻、松本

●新潟エリア
・信越本線、上越線:宮内

 JR東日本は「ますます便利になるSuicaをぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161202_jresuica_01

関連記事

最新記事

コメント