「行ってよかった観光スポット」第1位に JALの工場見学、その魅力とは

「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」が、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「行ってよかった!無料観光スポットランキング2016」で第1位を獲得。飛行機を間近で見られるだけにとどまらない、その魅力を探ってきました。

専門性ある案内スタッフの解説も魅力

 JALが次世代育成プログラム「空育(そらいく)」の一環として取り組む「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」(以下「スカイミュージアム」)が、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「行ってよかった!無料観光スポットランキング2016」で1位を獲得。2016年12月9日(金)、その表彰式が羽田空港内のJAL第2格納庫で行われました。

161209 jalmuseum 01
JALの第2格納庫でボーイング777型機を前に、受賞記念のパネルをもった案内スタッフの方々。ここも実際の見学コースのひとつ(2016年12月9日、中島洋平撮影)。

「スカイミュージアム」は、JAL第1格納庫の一画に設けたミュージアムや、格納庫内部の見学などを行うツアー形式のプログラム。ミュージアムではJALにまつわる史料が展示されているほか、空港スタッフや客室乗務員の仕事などについて実物を扱いながら体験できます。飛行機の飛ぶ仕組みなどを子供にもわかりやすくレクチャーする「航空教室」も盛り込んだ、およそ100分のコースです。

161209 jalmuseum 02
ミュージアム内の大型年表を熱心に解説してくれた案内スタッフの鋤崎さんはジャンボジェット機の元機長(2016年12月9日、中島洋平撮影)。

「パイロット、客室乗務員、整備士などの経験を持つ専門性豊かなスタッフによるわかりやすい説明が好評です。みんな個性が強いので、スタッフによって話の重点が異なってくるのも、いい意味で魅力」と、JALの大川順子専務は話します。

161209 jalmuseum 03
ミュージアムにはJALや、2002年にJALと合併した日本エアシステムの客室乗務員が着ていた歴代制服がずらり。現制服の試着コーナーもある(2016年12月9日、中島洋平撮影)。

 創業間もないころから工場見学を行ってきたJAL。現在のプログラムになったのは2013年7月のことで、いまでは年間12万人が訪れているそうです。「トリップアドバイザー」の「無料観光スポットランキング」には、2015年に7位で初登場。それから1年でトップに躍り出ました。

 同サイト上には、「見どころが満載で、子どもはもちろん大人1人でも楽しめる」「飛行機にもかなり近いところまで行けるので、大興奮」といった感想が寄せられているそうです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. JR北海道には、金を貰っても乗らない。
    東南アジアの鉄道の方がマシ。
    高い料金払って、サービス最低、設備の安全性最低、さっさと、全路線廃線にしたら。