世界が認める「目」、後付け可 クルマの衝突防止補助システム「モービルアイ570」発売

ジャパン・トゥエンティワンは2017年1月30日、クルマの後付け衝突防止補助システム「モービルアイ570」を発売しました。前方追突事故を大幅に減らせるといいます。

世界の自動車メーカーが認める「目」

 ジャパン・トゥエンティワン(愛知県豊橋市)は、モービルアイ社(イスラエル)が開発した、後付け可能なクルマ用衝突防止補助システムの最新モデル「モービルアイ570」を、2017年1月30日(月)より発売しました。

170202 me570 01
「モービルアイ570」の一式(画像出典:ジャパン・トゥエンティワン)。

「モービルアイ570」は、クルマのフロントウィンドウに取り付けたカメラが前方を監視し、前方車両、歩行者、オートバイ、車線などを検知。検知対象と自車速度などの情報を合わせて解析し、衝突や車線逸脱の危険を察知して、カラー液晶画面のアイコン表示とビープ音で警報を発するという運転補助システムです。「前方車両衝突警報」、「低速時前方車両衝突警報」、「歩行者衝突警報」、「車線逸脱警報」、「前方車間距離警報」、「速度標識認識(速度標識を読み取り、速度超過を知らせる警報を鳴らす)」といった機能が主になります。

 ちなみに、「モービルアイ570」のカメラに使用されている「EyeQ2」画像処理チップは、日産やマツダ、ホンダ、三菱、BMW、フォード、アウディ、GMといった、世界の多くの自動車メーカーが先進運転支援システムなどに採用しているものです。その世界累計出荷数は1500万台超といいます。

 ジャパン・トゥエンティワンは、モービルアイ社の単眼カメラとセンサーを搭載した後付け衝突防止補助システムについて、「2011年の発売以来、バス、トラックなどの運輸、運送事業者、大口の社用車ユーザーを中心に、約5万台を出荷してきました。『モービルアイ』を導入したユーザーの中には、前方事故が平均で50%以上削減、追突に限ると100%の削減を実現した事例もあります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント