自動ブレーキ、約半数が誤解 クルマの「先進技術」はかえって危険?

クルマの安全技術は日々進歩していますが、その最先端技術が、かえって事故を招きかねないとも考えられる衝撃のアンケート結果が出ました。

誰もが知る「自動ブレーキ」、その半分は「誤解」

 2016年5月25日(水)、JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)から衝撃の調査報告が発表されました。同年2月に実施された「ASV(先進安全自動車)の認知度等に関するアンケート調査」の結果がそれです。

「ASV」というとあまりピンとこないかもしれませんが、いわゆる「ぶつからないクルマ」といった先進の安全運転支援機能を備えたクルマのことで、主な機能は「衝突被害軽減自動ブレーキ」です。メーカーによっては、「ぶつからないクルマ」や「プリクラッシュセーフティ」などさまざまな呼び方がありますが、ここでは簡単に「自動ブレーキ」と呼びたいと思います。

160611 brake 01
トヨタの「プリクラッシュセーフティシステム」作動イメージ。「ミリ波レーダー方式」を採用する(画像出典:トヨタ)。

 このアンケートによれば、「『自動ブレーキ』や『ぶつからないクルマ』のことを知っている」という人が実に97.3%にも上るのに対して(「まったく知らない」と回答した2.7%を除く数字。なお、「名称を知っている」との回答は81.1%)、「機能の働き方や効果を知っている」という人は50.4%、「装置が作動しない場面などの注意点を知っている」という人はわずか24.8%しかいませんでした。つまり、名前は知っているけれど、どんなものかを知っている人は半分で、さらに詳しく内容まで理解している人は全体のたった4分の1だったのです。

 特に注目したいのは、ASVの購入に興味を示した人のうち、「自動ブレーキ」を「クルマが自動でブレーキをかけて停止してくれる装置」と考える人が39.8%もいたことです。実はこれが大きな勘違いで、「自動ブレーキ」は確かにブレーキを作動させますが、「ぶつかる前に必ずクルマを止める」と約束するものではありません。多くの人が「止まる」と信じていますが、実際には止まらないこともある、それが「ぶつからないクルマ」の現実です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. 【問題】
    渋滞中(車間3〜5メートル)の一般道を走行している場合。
    運転支援システムは前車にに追従して徐行と停止とを繰り返す。
    やがて左折すべき信号に接近したので、当然のようにハンドルを左に切る。
    さあ、どうなる?

    【回答】
    レーダー範囲にある障害物が認識されなくなるので加速する。

  2. まあこんなものよね
    補助に過ぎないものを絶対と信じ込む
    そんなに運転が嫌なら車やめたら

  3. 確かに踊らされてる感あり!危ない危ない‼

  4. マツダが自動ブレーキのデモで事故を起こしてますよね。

  5. 自動ブレーキも含めて将来自動運転車が増えてきたとして事故の当事者の一方または双方が自動運転車だった場合一体責任は誰にあるのか今から法的に明確にしておいた方がいいと思う。自動車を作ったメーカーなのか売ったディーラーかもしくはユーザーなのかだ。作る人も売る人も使う人もこれから考える必要がある。

    • 完全自動運転の前にその問題は解決する必要がありそうですね。
      飲酒者や無免許者が乗れるのはいつの日か・・・

      当分は運転手は監視を怠らないでください、いつでも運転手は介入できるから責任は運転手、って立場でいきそう。
      運転手が運転を奪い返せない事態があったとき以外は運転手の責任にできるから・・・

  6. 今年購入したステレオカメラ付きの自動ブレーキハスラー。
    試しに空ビール箱で実験したら普通に激突しました。
    カタログはいくらなんでも盛り過ぎです。

  7. 詳しい仕組みは良くわからないけど、結局のところ、自動ブレーキがお年寄りの運転に役立つとは自分は思っていない。
    そもそもドライバーの認識が間違ってるから事故が起きるんじゃないの?
    認知症が安全に運転できるなら、そもそも車に運転手いらなくね?w
    漫画やアニメの中のような2次元世界の設定を現実に持ってくるにはいろいろ問題がありすぎる。
    でもまぁ努力は必要だよね。
    しかしその努力を、お年寄りが一番出来ないんだよ。

  8. プログラムのミスで発動してはいけない所で自動ブレーキが発動した事例があったみたい。
    自動ブレーキで事故を防げた事例もあるようだけど、最も事故を防ぐのに効果的なのは気を付けて運転することだと思う。そうすれば衝突事故は防げるし、自動ブレーキもなくても良い。
    コンピュータはプログラム通りにしか動けないんだから、プログラムが間違えてたらバグは起きる。
    人間が気を付けるのが一番だと思う。

  9. スバルのアイサイトの自動ブレーキは最後の手段で機能する。最初は点滅、次にアラーム音、最後に車がブレーキをかける。つまりあくまで走ると停まることを主導するのは人間であるという考えからこの仕組みがある。このステップをきちんと説明してほしい。

  10. 赤信号読み取りはあるのかな?
    横から突っ込まれても文句言えない。
    先を急ぎたいユーザーへの配慮?

  11. こんな物に頼らなければいけないのならば、免許証返納してほしいですよ。。

  12. 15km(時速)以下じゃないと作動しません
    全て運転者の自己判断です