「トミカ」初のTVアニメ『ドライブヘッド』、「SUPER★DRAGON」が主題歌披露 2017年4月開始

「トミカ」史上初のTVアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』。2017年4月15日の放送開始を前に、「SUPER★DRAGON」が主題歌をライブ初披露しました。アニメのロボットも登場しています。

「SUPER★DRAGON」も興奮のアニメ、その内容は?

 47年の歴史をもつタカラトミーのミニカーブランド「トミカ」史上初のTVアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』が、2017年4月15日(土)朝7時からTBS系全国28局ネットで放映スタート。これに先立ち3月26日(日)、東京都豊島区の池袋サンシャインシティ文化会館で開催中の「トミカフェスティバル in TOKYO」で、アニメの展示とともにスペシャルステージが行われました。

170326 tomicalive 01
アニメのオープニングテーマをライブで披露した「SUPER★DRAGON」と、3体の「ドライブヘッド」(画像:TBS)。

 ステージには、アニメのオープニングテーマを歌う「SUPER★DRAGON」が登場。2015年に結成された、13歳から18歳までの9人で構成(今回のステージは8人)される若手ダンス&ボーカルユニットです。メンバーからは、小さいころに「トミカ」で遊んだというエピソードが多数語られました。

「クルマが好きで『トミカ』をたくさん集めていました。時を経て今回、『トミカ』初のアニメの主題歌を担当できることになり、夢のようです」(「SUPER★DRAGON」 毅さん)

170326 tomicalive 02
「頭がクルマっていうのがかっこいい!」と、「ドライブヘッド」のおもちゃについて語る「SUPER★DRAGON」のメンバー(2017年3月26日、中島洋平撮影)。

 アニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』は、パトカー、消防車、救急車からロボットに変化する「ドライブヘッド」を小学生が操縦し、街の平和を守るというストーリー。「SUPER★DRAGON」のメンバーはアニメを観て、「クルマからロボットに変化するのを見たときは『おおおっ!』と声が漏れてしまった」「めっちゃかっこいい!」と、みんなが興奮したそうです。

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 物語としての面白さの他に、自動車がメインになるのであれば交通マナーを訴求するように製作してほしいと思う。