昭和初期の「名車」デハ230形が京急に里帰りへ 写真募集や引継式開催

【画像】さよならヘッドマークを掲出して走るデハ230形電車

Large 170426 keikyudeha230 02
さよなら運転ヘッドマークを掲出して走るデハ230形電車。1978年4月15日撮影(画像:京急電鉄)。

この画像の記事を読む

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 川口市は、無償で、京急から、譲渡されて、教材として、展示をしたんじゃないですか、本来、川口市が、預かった、もの、ちゃんと、整備や、色褪せたら、色の、塗り変え、全て川口市が、やる事じゃないですか、あそこまで、ボロボロにして、手に終えないから、邪魔者扱い、あげくのは手に、京急に、返します。始めから、面倒みれないのなら、、京急から、もらってくるな、それと、隣の、96も、JRに、返せ、あの機関車は、川越線最後の、旅客列車を、牽引した、貴重な、機関車なんだよ。もしかしたら、復活だって、あり得ない話しでは、ないであろう。何を考えてんだ、川口市の、公園緑地課は、行政は、恥をしれ。

    • 以上、個人の戯事です。