日産「フェアレディZ」(初代) 優雅でコワモテ? 「淑女」はなぜ「Z」をともなうのか

日産の顔のひとつともいえるスボーツカー「フェアレディZ」ですが、考えてみれば不思議な名前です。「淑女」はなぜコワモテな「Z」の文字をともなうのでしょうか。

名前のルーツはミュージカル

 日産の誇るスポーツカーといえば「GT-R」でしょう。しかし、実際に販売された数は「フェアレディZ」が圧倒的に上回ります。そういう意味でも、「フェアレディZ」は日産を代表するスポーツカーのひとつと言うのは間違いないことでしょう。

 しかしこの「フェアレディZ」という名前、少し不思議に思わないでしょうか。優雅なイメージの「フェアレディ」と、コワモテな「Z」。相反するふたつのイメージで構成されています。

Large 170602 fairladyz 01
初代「フェアレディZ」の、DOHCエンジンを搭載したZ432モデル(画像:日産自動車)。

 その理由は、「フェアレディZ」の歴史にあります。

 実は「フェアレディZ」には、ルーツとなるモデルが存在しています。それが1960(昭和35)年に発表された「フェアレディ(初期はフェアレデー)」です。スパルタンなスポーツカーではなく、華やかなイメージのオープンカーで、北米での日産ブランドであるダットサンの1モデルとして誕生しました。名前の由来は、当時アメリカで上演されていたミュージカル『マイ・フェア・レディ』です。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

日産 フェアレディZの中古車情報

U00030448957 001l

排気量
1980cc~3800cc
価格帯
19.9万円~1518.0万円

中古車情報を見る

日産 ダットサンの中古車情報

U00028158782 001l

排気量
720cc~3200cc
価格帯
38.0万円~450.0万円

中古車情報を見る

日産 GT-Rの中古車情報

Uz0030324755 001l

排気量
3500cc~3800cc
価格帯
384.0万円~2149.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(15枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント