電車で秩父へ長瀞へ 「夏休み長瀞おさんぽきっぷ」期間限定で発売

西武鉄道と秩父鉄道が、2017年7月15日から秩父、長瀞観光に便利な「夏休み長瀞おさんぽきっぷ」を期間限定で発売しました。

芦ヶ久保~西武秩父間、御花畑~長瀞間が乗り降り自由

 西武鉄道と秩父鉄道は2017年7月15日(土)、企画乗車券「夏休み長瀞おさんぽきっぷ」を期間限定で発売しました。

 西武鉄道の芦ヶ久保~西武秩父間と秩父鉄道の御花畑~長瀞間が1日乗り降り自由に。さらに西武線各駅とフリー区間のあいだも1往復できます。

170714 seibunagatorokippu 01
長瀞の荒川岩畳のなかを行く「長瀞ラインくだり」のイメージ(画像:西武鉄道)。

 発売期間は9月3日(日)まで。きっぷは乗車日の1か月前から、小竹向原、芦ヶ久保、横瀬、西武秩父、多摩川線各駅を除く西武線各駅で発売されます。有効期間は発売時に指定した乗車日当日限りです。

 価格は発売駅により異なります。たとえば池袋、西武新宿、高田馬場は2000円(子供1020円)、国分寺は1760円(860円)、所沢は1600円(820円)、飯能は1400円(720円)です。

 2社は「夏休みのレジャーや自由研究、同期間に開催する『DIVE!CHICHIBU スタンプラリー』などへのお出かけにおすすめです」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント