「秩父漫遊きっぷ」で「祭の湯」温泉エリア入館可に 8月からリニューアル 西武

西武鉄道が2017年8月1日から企画乗車券「秩父漫遊きっぷ」をリニューアル。価格改定により「西武秩父駅前温泉 祭の湯」の温泉エリアが利用できるようになります。

三峯神社行き急行バスも差額不要に

 西武鉄道は2017年6月26日(月)、企画乗車券「秩父漫遊きっぷ」をリニューアルし、8月1日(火)から発売すると発表しました。

 このきっぷは、西武秩父までの往復割引乗車券(高麗~西武秩父間乗り放題含む)と、秩父エリアで食事やバス、レンタカーなどに使える「漫遊得クーポン」のセットです。利用開始から2日間有効。西武線各駅(小竹向原、高麗~西武秩父間、多摩川線各駅除く)で発売されています。今回のリニューアルから、拝島駅も加わります。

170626 seibumanyu 01
「西武秩父駅前温泉 祭の湯」露天風呂のイメージ(画像:西武鉄道)。

「漫遊得クーポン」は以下のいずれかで利用が可能。今回のリニューアルにより、「西武秩父駅前温泉 祭の湯」温泉エリアでも利用できるようになります。

●「西武秩父駅前温泉 祭の湯」温泉エリア
・大人:入館(土休日、特定繁忙日は+100円で入館)
・子供:+100円(土休日、特定繁忙日は+200円)で入館
●「西武秩父駅前温泉 祭の湯」フードコートまたは物販エリア
・大人:930円分として利用可
・子供:470円分として利用可
●西武観光バス(秩父ゾーン)
・2日間乗り放題
●三峯神社線急行バス
・往路か復路いずれか片道1回乗車(通常は大人930円)
●トヨタレンタリース埼玉 西武秩父駅前店
・特別料金に

 価格は駅ごとに異なます。たとえば大人用の場合、池袋、西武新宿、高田馬場は2190円(現在1900円)、国分寺は1950円(1660円)、所沢は1790円(1500円)、飯能は1590円(1300円)です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント