阪神~九州往復1万円「弾丸フェリー」、現地0泊でも人気の背景は

神戸~大分、大阪~別府、大阪~志布志の3航路を展開するフェリーさんふらわあの「弾丸フェリー」と呼ばれるプランの利用が増えています。往復で船中泊となり、0泊3日で1万円からというものですが、人気の背景には何があるのでしょうか?

往復料金は半額以下!

 神戸~大分、大阪~別府、大阪~志布志(鹿児島県)の3航路を運営するフェリーさんふらわあで、「弾丸フェリー」と呼ばれるプランの人気が高まっています。

170801 dangan 01
神戸と大分を瀬戸内海経由で結ぶフェリーさんふらわあの「さんふらわあ ごーるど」(画像:フェリーさんふらわあ)。

「弾丸フェリー」は、往復で船中泊、現地宿泊なしの0泊3日というプラン。値段は、最も安いベッドなしの相部屋「ツーリスト」を利用すると往復1万円(子ども5000円)で、3つの航路において同価格で設定されています。旅行先では8~12時間滞在することができます。

 神戸~大分航路における「ツーリスト」の通常運賃は片道1万1200円(2017年7~9月乗船分の普通運賃)ですので、半額以下で往復が可能。大人ひとりとバイク1台分で往復1万5060円からの「バイク弾丸フェリー」、同じく大人ひとりとクルマ1台分で3万3000円からの「マイカー弾丸フェリー」もあります。

 2011(平成23)年からスタートし、6年目にあたる2016年は3航路合計で4万8900人が利用。2015年は前年比約119パーセント、2016年は約116パーセントと増加しているそうです。人気の背景をフェリーさんふらわあに聞きました。

――当初どのような狙いで「弾丸フェリー」を始めたのでしょうか?

 フェリーの認知度向上の一環として、“おためしプラン”のような位置づけでスタートしました。だんだんリピーターの方が増え、またテレビCMを放映していることもあり、いまや各種イベントでも「フェリーさんふらわあ」という名前より「弾丸フェリーや!」と言われることのほうが多いですね。

――現地0泊のプランですが、何が受けているのでしょうか?

 安く気軽に九州へ、あるいは関西へ旅行されたい方が多く利用されます。「弾丸フェリー」を2、3回利用した結果、「こんどはより船旅を楽しみたい」と思われて、個室が使える「弾丸クルーズ」というプランを選択される方も増えています。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170801 dangan 03
  • Thumbnail 170801 dangan 01
  • Thumbnail 170801 dangan 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. こういう企画も結構。
    だが、折角だから旅先で滞在したいというのが人情ではないか?

    • この取材記事にある弾丸の他に滞在可能なマイカー舟遊なんてのをたまに利用しますが、確かに割安感はありますね、しかし逆に言えば企画商品を利用しないとこの会社は高くて使いにくいです、確かに前日まで受け付けてくれるのは有り難いですが、