「雑魚寝」はもう古い? 長距離フェリーが豪華快適に進化中

近頃は、長距離フェリーの新造ブーム。そこには従来のフェリーにあったイメージを覆す新たなトレンドが見て取れます。

4回目の長距離フェリー新造ブーム

 1964(昭和39)年に始まった、本州と九州・北海道を結ぶ「長距離フェリー」。国内の海上輸送で大動脈となっているこの長距離フェリーにおいて、4度目となるの新造ブームが始まりました。

 長距離フェリーの船は、今年2015年に就航した4隻を皮切りに、2018年までに10隻の建造が確定。ほかにも、いくつかのプロジェクトが検討中とされています。

フェリーさんふらわあが初めて導入する「スウィート」(画像出典:フェリーさんふらわあ)。

 これまで長距離フェリーといえば、利用するのは大型トラックとその運転手が中心で、その船内は「雑魚寝」というイメージが一般にはありました。

 しかし今回の新造ブームで造られる船は、いずれも接客設備の快適さを追求。各船会社は、そのサービスの豪華さを前面に打ち出して競っています。そこに、かつての「雑魚寝」イメージはありません。

 過去3回のものとは様相を異にする、今回の長距離フェリーにおける新造ブーム。その現状と背景を探ってみました。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 来年早々に第一船が就航するオーシャン東九フェリーの4隻は、2018年度までに就航する10隻のなかに入っているのでしょうか? 雑魚寝船室全廃の先駆けとなったオーシャン東九フェリーですから、お忘れではないと思うのですが、数が合わないような気がします。

  2. フェリーの雑魚寝部屋で、見知らぬ男性に付きまとわれてとても不快な気分を味わったことがあります。
    女性利用客が快適に利用できるよう、さらなる進化を遂げてほしいと思います。

  3. そもそもフェリーの二等室は時代の流れと共にプライバシーを重視し利用者が減ったのでは❗❔

  4. 千円高速で受けたダメージが回復してきたので、本来なら数年前にしていたはずの更新のタイミングが重なっただけだと思います。

    • Your answer lifts the ineleligtnce of the debate.

  5. Begun, the great internet educotian has.

  6. I can't hear anthiyng over the sound of how awesome this article is.