AI搭載ツールで新規顧客を開拓 モニター乗船も反響 サンスターライン

「パンスタードリーム」を運航するサンスターラインが、AIを搭載したインスタグラムのターゲティングツールを導入し、新規顧客に向けたPRを開始しました。

AI搭載のツールで新規顧客を開拓

 大阪~釜山間で定期フェリー「パンスタードリーム」を運航するサンスターライン(大阪市中央区)が、AI(人工知能)を搭載したインスタグラムのターゲティングツールを導入し、船旅やクルーズフェリーのPRを開始。すでに予想以上の高い結果が出ているといいます。

170809 sunstar 01
大阪~釜山間を結ぶ「パンスタードリーム」のイメージ(画像:サンスターライン)。

 ターゲティングツールとは、インスタグラムユーザーのニーズを最適化して、彼らに情報を流すことのできるツールです。今回、AIを搭載したことで同社のサービスに興味のあるユーザーに向けて、自然にアプローチすることが可能となったといいます。

 サンスターラインによると、インスタグラムで「フェリー」「船旅」「夕陽」「旅行」「瀬戸内海」「優雅」などのキーワードを入力したユーザーをAIが選び出し、インスタグラムを通じて、同社のサービスをPRしているとのこと。すでにトライアルで始めた大学生向けのモニター乗船は若者のあいだに広がり、新規顧客を開拓できているとしています。

 同社はこれまで、旅行会社との提携商品の造成やクーポン販売サイトを利用した広告宣伝を実施してきましたが、客層の幅を広げるために新たな施策を必要としていました。

 サンスターラインは今後の展開について、「学生層だけでなく、ファミリー層、三世代、女子会、インセンティブツアー、慰安旅行などターゲットを広げ仕掛ける」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. さんふらわあの再就職先ね、この写真だと東京、勝浦、高知のさんふらわあ、くろしおかな?良い取り組みだね、船旅は食わず嫌いと言うか一度かじればやみつきなんだが?近頃航空機でも若者向け運賃など盛んだけど先ずは知ってもらうことが肝心だからね、余談だが、大洗から苫小牧で活躍した、さんふらわあ、みと?もここで働いてるかな?