250枚限定 宮崎交通がオリジナルデザインの「nimoca」販売

宮崎交通がオリジナルデザインの「nimoca」を販売。250枚限定で、専用のカードホルダー付きです。

「バスクバス」運行開始にともなう企画

 宮崎交通(宮崎県宮崎市)は2017年9月26日(火)、オリジナルデザインの交通系ICカード「nimoca」を250枚限定で販売すると発表しました。

170929 nimoca 01
オリジナルデザイン「nimoca」のイメージ(画像:宮崎交通)。

 専用のカードホルダー付きで、価格は1000円。宮崎交通の延岡駅前バスセンター(宮崎県延岡市)で10月1日(日)午前10時から販売します。デザインは延岡市出身のイラストレーター、上杉忠弘さんが手掛けました。

 東九州バスク化構想をイメージしたデザインのラッピングバス「バスクバス」の運行開始にともなう企画。東九州バスク化構想とは、「世界一の美食の街」「食材の宝庫」といわれる、フランスとスペイン両国にまたがるバスク地方をヒントに、海、山、川の食材が豊富な延岡市と大分県佐伯市が、食を生かした新たな経済・文化圏を作る構想です。

 宮崎交通は「オリジナルカードを持って美食めぐりに出発しませんか」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント