SUBARU「BRZ」がボーイング787に搭乗! 実は旅客機でも運べる自動車、そのメリットとは?(写真40枚)

貨物機ではなく、旅客機にクルマを載せて輸送するという珍しい光景が見られました。客室下にある旅客機の貨物室。通常、そこに積載されるのは航空コンテナですが、実はクルマも搭載可能。少なくともJAL国内線では今回が初だそうです。

少なくともJALでは今回が「初」

旅客機からSUBARU「BRZ」。旅客機でクルマを運んだワケとは(1分0秒)。

 2017年10月20日(金)午前、成田空港から北海道の旭川空港に到着した日本航空(JAL)のボーイング787-8型機。そこには珍しい“乗客”がいました。SUBARUのスポーツカー「BRZ」です。

171020 jal 01
ボーイング787-8型機から“降機”するSUBARUのスポーツカー「BRZ」。燃料は抜かれている(2017年10月20日、恵 知仁撮影)。

 旅客機の貨物室、実はクルマも搭載できます。JALが2015年に開始した「J SOLUTIONS WHEEL」サービスでは、高さ1490mm、長さ5140mm、幅1780/1880mm、重量1953kgまでのクルマを旅客機の貨物室へ搭載し、空輸できるとのこと。対応機材はボーイング777、787型機です。

 ただJALによると、国際線旅客機では月に1台程度、おもに欧米線で試験や展示に使う車両を運ぶものの、国内線旅客機での自動車輸送は、少なくともJALでは今回が「初」。とても貴重な光景といいます。国内輸送は、時間を要するものの安価な陸送が一般的だからです。

 旅客機による自動車輸送、貨物機で行う場合は就航地が限られますが、旅客機だとそうした制約が少ないのがポイントとのこと。また、クルマを専用の器財に載せたのちは、作業員がクルマに手を触れることなく輸送可能で、傷を付ける可能性が少ないのも特徴といいます。

この記事の画像をもっと見る(40枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a0244
  • Thumbnail  r4a0246
  • Thumbnail  r4a0248
  • Thumbnail  r4a0250
  • Thumbnail  r4a0251
  • Thumbnail  r4a0256
  • Thumbnail  r4a0257
  • Thumbnail  r4a0261
  • Thumbnail  r4a0267
  • Thumbnail  r4a0270
  • Thumbnail  r4a0278
  • Thumbnail  r4a0297
  • Thumbnail  r4a0299
  • Thumbnail  r4a0300
  • Thumbnail  r4a0307
  • Thumbnail  r4a0316
  • Thumbnail  r4a0318
  • Thumbnail  r4a0320
  • Thumbnail  r4a0321
  • Thumbnail  r4a0323
  • Thumbnail  r4a0334
  • Thumbnail  r4a0335
  • Thumbnail  r4a0342
  • Thumbnail  r4a0344
  • Thumbnail  r4a0346
  • Thumbnail  r4a0349
  • Thumbnail  r4a0352
  • Thumbnail  r4a0356
  • Thumbnail  r4a0359
  • Thumbnail  r4a0361
  • Thumbnail  r4a0366
  • Thumbnail  r4a0374
  • Thumbnail  r4a0377
  • Thumbnail  r4a0379
  • Thumbnail  r4a0381
  • Thumbnail  r4a0383
  • Thumbnail 171020 jal 01
  • Thumbnail 171020 jal 02
  • Thumbnail 171020 jal 03
  • Thumbnail 171020 jal 04

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 昔読んだ図鑑でジャンボジェットの内部透視図のカーゴに乗用車が描いてあった。
    ある程度の規模の機体なら乗るだろうとは思ったが、話としては聞いたことがない。

    何かの小説で、大金持ちになった主人公が外車を購入して空輸させるという描写を読んだことがあるが。

    • 世界中を転戦するレースカーは(F1やWECは少なくとも)空輸です。
      ただ、いずれも貨物専用機なので、旅客機で、というのは聞いたことが無いですね。