「赤電」101系で復活 「伊豆箱根鉄道」色は多摩湖線へ 西武鉄道

西武鉄道が、かつての「赤電」塗装を101系電車で復活させ、多摩湖線や多摩川線で運行します。

多摩湖線、多摩川線で運行

 西武鉄道は2017年12月17日(日)から、101系電車1編成を「赤電」塗装に変更して運行します。

 西武鉄道で使用されていた701系電車などは、かつて赤とベージュで塗装され、「赤電」とも呼ばれていました。同社によると今回の企画は、多摩川線100周年イベントの際のアンケートで、「赤電」塗装の復活を希望する声が多かったことを受けて行うものといいます。

Large 171208 seibuakaden 01
かつて西武鉄道で使用されていた「赤電」塗装の701系電車(画像:西武鉄道)。

「赤電」の101系は、多摩湖線(国分寺~西武遊園地)で12月17日(日)から2018年1月19日(金)まで、多摩川線(武蔵境~是政)で1月24日(水)から当面のあいだ運転される予定です。

 なお現在、多摩川線を走る101系の「伊豆箱根鉄道創業100周年コラボレーション色電車」は12月31日(日)までヘッドマークを掲出、2018年1月19日(金)まで同線で運転し、1月24日(水)から当面のあいだは、「赤電」と入れ替わる形で多摩湖線を走る予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171208 seibuakaden 02
  • Thumbnail 171208 seibuakaden 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. これこそ京急色が似合いそうなのに。

  2. エアコン付いてないイメージだな

  3. これに乗って会いに行きたい多摩湖の巨大生物