JR東日本初の「電気式気動車」GV-E400系登場! JR東にとって大きい電気式の利点とは?(写真40枚)

JR東日本が初めて導入する「電気式気動車」、GV-E400系が姿をあらわしました。電気式採用は、JR東日本にとって大きなメリットがあるといいます。またなぜ、すでに同社が運用するハイブリッド式でなく、電気式なのでしょうか。

JR東日本1万3000両のうち、1万2000両が…

JR東日本が初めて導入する電気式気動車、その同社ならではのメリットとは(1分53秒)。

 JR東日本が2018年1月30日(火)、新津運輸区(新潟市)で同社初の「電気式気動車」であるGV-E400系を報道陣へ公開しました。

 おもに、架線など列車に電気を供給する設備がない「非電化区間」で使用される気動車。これまで使われてきた気動車は、ディーゼルエンジンの回転力を液体変速機(トルクコンバータ)を介し車輪へ伝達する「液体式」が一般的でした。

 このたび登場した「電気式」のGV-E400系は、ディーゼルエンジンで発電し、モーターで走行。いわば、電気を架線ではなく、搭載する発電機から得て走る「電車」です。

Large 180130 gv e400 01
まず3両の量産先行車が製造されたGV-E400系(2018年1月30日、恵 知仁撮影)。

「電気式」のメリットは、JR東日本が多く所有する「電車」から技術やメンテナンス方法などをフィードバックできること、またそれらを共有できること。JR東日本は鉄道車両をおよそ1万3000両保有していますが、うち1万2000両が電車です。

「電車と同じメンテナンス、電車と同じ最新技術を採用できることには、大きなメリットがあります」(JR東日本 鉄道事業本部 運輸車両部 担当部長 照井英之さん)

 JR東日本にとって気動車を電車のような「電気式」にすることは、安全安定輸送の実現において、また総合的なコストでも有利だといいます。

この記事の画像をもっと見る(40枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a8143
  • Thumbnail  r4a8145
  • Thumbnail  r4a8149
  • Thumbnail  r4a8162
  • Thumbnail  r4a8173
  • Thumbnail  r4a8179
  • Thumbnail  r4a8185
  • Thumbnail  r4a8191
  • Thumbnail  r4a8195
  • Thumbnail  r4a8197
  • Thumbnail  r4a8200
  • Thumbnail  r4a8204
  • Thumbnail  r4a8222
  • Thumbnail  r4a8228
  • Thumbnail  r4a8230
  • Thumbnail  r4a8234
  • Thumbnail  r4a8238
  • Thumbnail  r4a8240
  • Thumbnail  r4a8243
  • Thumbnail  r4a8251
  • Thumbnail  r4a8254
  • Thumbnail  r4a8262
  • Thumbnail  r4a8267
  • Thumbnail  r4a8279
  • Thumbnail  r4a8282
  • Thumbnail  r4a8292
  • Thumbnail  r4a8301
  • Thumbnail  r4a8303
  • Thumbnail  r4a8310
  • Thumbnail  r4a8318
  • Thumbnail  r4a8323
  • Thumbnail  r4a8332
  • Thumbnail  r4a8334
  • Thumbnail  r4a8336
  • Thumbnail  r4a8339
  • Thumbnail  r4a8341
  • Thumbnail  r4a8344
  • Thumbnail  r4a8365
  • Thumbnail 180130 gv e400 01
  • Thumbnail 180130 gv e400 02

関連記事

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. バッテリー交換の必要がないから有利、か。どちらかといえばその点はJR北海道にとって有利なような。しかしアイドリングストップや回生電流の使用不可か。どれだけ環境に優しいのかわからない。まあ低温過ぎるとバッテリーやエンジンの保温が必要だから、そういう選択なんだろうけれど。JR九州のYC1系よりも余程ディーゼル・エレクテリックを名乗るにふさわしい(誉めてはいない)。

    • そういえば、形式名のGVってジェネレーター(発電機)・ヴィークルの略ですかね。ちなみに先ほど誤字あり。ディーゼル・エレクトリックでしたね。

  2. 動力回生はやってほしいですね。勾配区間の多い我が国では特に。

    • ハイブリッドの大容量バッテリーは質量も大きいから、必ずしも小海線や大糸線の様な片勾配の長い線区に向くとは言えない。むしろそこそこ平坦な線区用の本車に欲しかったかも。

  3. バッテリー搭載型(シリーズハイブリッド式鉄道車両)が大量普及する訳ではなさそうなのは少々残念だったが、動力方式は「最適」なものであればよいと思う。 

    動力方式に関係なく、近年バスや鉄道で「貨客混載」の動きが進みつつあるので、将来的には扉の幅などを貨客混載に対応できるような設計で製造されてほしい。特にJR北海道でも使う車両ならば尚更そう思えてきます。

    • これに関連して、例えば日本郵政や宅配事業者に駅運営を依頼しちゃうとかね。
      事実上、国鉄時代のスタイルが復活することに。

    • 最近、貴志川電鐵で電車の客貨混載始めた。行く行くは昔に戻ってキハニとかクモハニとか出てくるかもしれない。

  4. JR東は転クロなしをいつまでやるの?
    電気式はVVVFでやりやすくなったとは言え、回生ブレーキは必要だと思います。
    車内がキハ127なら良かったが。

  5. 車で言えば、日産ノートeパワーが該当するような方式。総合的なコスト削減策でしょうか。エンジンは致し方ないにせよ、液体変速機などの保守要員の確保、育成など電気屋さんではない部門の維持は、大変です。
    また、回生ブレーキだと高価で重い電池が問題なのでしょう。アキュムは、地上設備が高くつくそうです。

  6. なんか画像一覧が水墨画っぽいというか、モノクロ的なのが気になった。

    風景が水墨画になる新潟の様な積雪地で使う車両なら、踏切などの安全の為に前面に色を入れるべき。モノクロ前面ではモノクロ景色に埋没する。
    新潟用のE129はオレンジと黄色が、E127も濃淡緑色が、側面から前面に回り込んで来てる。JR西の山陰用キハ187は前全面黄色。本車も量産時にはカラーリング変えるのかも知れないが。

    工業デザイナーと呼ばれる人は、使用目的
    に応じた設計をやれる人。色彩面でも。例えば車体側面の高い位置にラインカラーを入れるのは、窓の下の様にホームドアに隠されず、誤乗予防の為の良い色彩デザイン( = design = 設計)だと思う。
    単に見た目を心地よくする為に形状や色を設定する人は、スタイリストと呼びたい。

    けど鉄道記事でも外装の塗り分け変えただけで「デザイン変更」とか書かれちゃうのだよねぇ。クルマや航空機でもありがちだけど。乗りものニュースさんも気をつけてくれるといいなぁ。

  7. ちなみにアメリカの鉄道で走っているディーゼル機関車は、電気式ばかりですね。携帯などと一緒で、液体式は、ガラパゴスではないでしょうかね!

    • 機関車はね。
      欧州やロシアなどは幹線路線程度しかない上に幹線路線の殆どが電化されているから、気動車だと液体式が主流になるが。
      地震が多いところは抵抗制御やチョッパ制御の電気式は重くなって路盤が崩壊するから入れにくい事情はあるがな。
      アメリカや豪州は非電化路線が主流だし、ユーラシア大陸より路盤が頑丈だからな。
      アメリカや豪州、カナダは電化率が低いし、欧州は電気式ディーゼル機関車を入れる幹線は電化されているから意外と電気式は少ないかもしれない。

    • かつて日本は世界一の気動車大国という時代があったんですけどね。その事実を無視してガラパゴスというのは少し違うし。