JR東日本のりんかい線買収でどう変わる?

JR東日本がりんかい線の買収交渉を行っているとの報道がありました。羽田空港アクセス線との関連が深いと思われるこの買収、乗客にはどんな影響があるでしょうか。

羽田空港アクセス線がらみの買収か

 2014年8月22日(金)、東京MXテレビはJR東日本りんかい線の買収交渉を行っていると伝えました。りんかい線、すなわち東京臨海高速鉄道株式会社の株主は2013年4月1日現在、以下の通りです。

東京都 91.32%
東日本鉄道株式会社(JR東日本) 2.41%
品川区 1.77%
株式会社みずほ銀行 0.70%
株式会社三菱東京UFJ銀行 0.46%
株式会社三井住友銀行 0.34%
その他41社 3.00%

 この買収はJR東日本の羽田空港アクセス線計画、またりんかい線とJR京葉線の直通運転計画にも関係すると思われます。JR東日本の羽田空港アクセス線計画は、新線の建設に加えて休止中の貨物線やりんかい線を活用することで、羽田空港と東京方面、渋谷・新宿駅方面、新木場駅方面に直通列車を走らせる構想です。

 もしJR東日本がりんかい線を買収した場合、羽田空港アクセス線を活用するにあたって他社と調整することなく、JR東日本だけでダイヤ設定、列車の運行などが行えるといったメリットがあります。そして羽田空港アクセス線によって増加するであろうりんかい線の乗客を、収益に加えることができます。

 しかし、りんかい線は平成24年度から2年連続で黒字化しているものの、その建設費用などで平成25年度末の負債合計は約1,743億円です(前年度から約72億円減)。JR東日本によるりんかい線買収で問題があるとしたら、この点が最も大きいでしょう。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 直近のメリットとして、
    京浜東北線 蒲田・川崎方面⇔舞浜・幕張メッセ、や
    京葉線 千葉方面⇔お台場・恵比寿・渋谷などが
    JR東日本になることで割安になって、便利に!
    大井町駅や新木場駅の改修が必要になるが、
    利用者のメリットを考えて、速やかに実行していただきたい。

  2. 筆者は肝心なことを忘れているよ。りんかい線部分を最初から建設したときの費用と比べたら、っていう仮定の話しが無い。それを考えると負債額なんて大したことない。

  3. 今更買収するくらいなら最初からJR東日本が作れば良かったのでは?
    作られた当時は、ビッグサイトのための路線でしかなかったから、黒字化するとは思わなかったのだろうけどさ。

  4. 土地勘ないんでJRになってどう便利になるかわからない

  5. りんかい線開通時は今ほどの需要が
    不透明でJRとしてはリスクが
    高かったからしょうがないのでは?

    そういう意味では東京都の公共的投資によって、臨海部の開発が進んで良かったなと思います。

    りんかい線での乗降は多少料金の上乗せでしのぎ、空港線の集客で補えば、利便性も収益性も向上するのでは無いでしょうか?

    今のりんかい線の料金じゃ、都バスを乗り継いだ方が良いので元々選択肢に入らない事も多いかと。

  6. りんかい線開通時は今ほどの需要が
    不透明でJRとしてはリスクが
    高かったからしょうがないのでは?

    そういう意味では東京都の公共的投資によって、臨海部の開発が進んで良かったなと思います。

    りんかい線での乗降は多少料金の上乗せでしのぎ、空港線の集客で補えば、利便性も収益性も向上するのでは無いでしょうか?

    今のりんかい線の料金じゃ、都バスを乗り継いだ方が良いので元々選択肢に入らない事も多いかと。

  7. 東京都と沿線の市町村だけが出資する会社にして、料金も赤字ローカル線レベルにして利用者にも建設費を負担させるなど毅然とした対応を取るべきだと思います。

  8. 一利用者の声として、まずは不当なレベルで高い運賃をどうにかして欲しい。