ジェットスターとCAEが提携 運航乗務員訓練を羽田の訓練センターで実施

ジェットスターは、CAEとA320型機の運航乗務員訓練に関する提携契約を締結したと発表。これまで海外で行われてきた運航乗務員訓練が、羽田空港内にある訓練センターで実施されるようになります。

「CAE Rise」を導入して訓練プログラムの強化も

 LCCのジェットスター・ジャパンは2018年6月13日(水)、世界最大規模の数のフライトシミュレーターを保有するCAE(本社:カナダ)と、6年間にわたるA320型機の運航乗務員訓練に関する提携契約を締結したと発表しました。

Large 180615 jetstarcae 01
ジェットスターはCAEと運航乗務員訓練の提携契約を締結した(画像:ジェットスター・ジャパン)。

 ジェットスターの運航乗務員訓練はこれまで、クアラルンプール(マレーシア)やソウル(韓国)にある、CAEの訓練施設で行われてきました。今回の提携により、羽田空港内にあるJAL(日本航空)とCAEの合弁によるJCFT(JAL CAE FLIGHT TRAINING)で訓練が実施されるようになります。CAE製のエアバスA320フルフライト・シミュレーターを用い、2018年の夏に訓練を開始する予定です。

 また、訓練には「CAE Rise」が導入されます。これは、航空会社の運航基準に準拠し、標準化された訓練を提供するための最新かつ画期的な訓練システムといいます。操縦教官が訓練中に得られるデータをリアルタイムに活用することで、運航乗務員の技量を客観的に評価でき、同社の訓練プログラム強化にもつながるものだそうです。

 ジェットスターグループとCAEのパートナーシップは15年以上にわたります。CAEはオーストラリアや日本を含むアジア太平洋地域において、訓練候補生、運航乗務員の訓練ならびに乗務員のリソーシングなどのサービスを同グループに提供してきました。提携合意により、ジェットスターはCAE Rise 訓練システム導入のローンチカスタマーとなります。

 ジェットスター・ジャパンでは2012年の就航から初めて日本でシミュレーターを使用しての運航乗務員の訓練が実施されることになり、エアバスA320型機の需要増が見込まれるなかでの運航乗務員訓練への対応としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント