飛行機の座席はどこを選ぶ? 場所によるメリットデメリット

飛行機は、座席の位置でエンジン音の聞こえ方や揺れ具合などが異なるものです。国内線の大型機を例にとって、座席位置によるメリットとデメリットを見ていきます。

飛行機は前方より後方のほうが揺れが大きい

 飛行機の事前座席予約。どの席を選ぶか迷うことも多いのではないでしょうか。好みは人それぞれですが、国内線におけるボーイング777型機を例にとって、各席のメリットとデメリットを見てみましょう。

Large 180323 cabinseat 01
国内線で使われているボーイング777型機の座席配置イメージ(乗りものニュース編集部作成)。

 まず客室最後方部。ここのデメリットは、降機に時間がかかることと、気流の悪いなかを飛行する際、前方客室よりも揺れが大きいことです。飛行機の重心は、主翼近くにあるメインギア(主脚)付近のため、最後部は重心から一番遠い場所となります。したがって、後ろになるほど揺れが大きくなります。また、最後部にトイレやギャレイ(調理場)があるため人の往来が多く、通路側の席はやや落ち着きません。しかし、窓側は主翼に邪魔されることなく、外の景色が楽しめます。

 客室中央は機体の重心周辺のため、揺れが一番少ない場所です。しかし、主翼に付いたエンジンの音がほかより大きく聞こえ、ギアの上げ下げの際にも音や振動が響いてきます。また、主翼によって窓外の景色が遮られてしまうデメリットも。

 ドア横の座席は足元が広々していて、立ったり座ったりもしやすく、CA(キャビンアテンダント)と向かい合わせに座れることを好む人もいます。ただし、2009(平成21)年4月1日施行の国土交通省の通達により、ここに座る乗客は緊急脱出時の援助を了承しなければならなくなりました。万が一のときに、CAの指示に従ってほかの乗客を機外に脱出させるなどの役目を負うというわけです。また、荷物を足元に置くことができません。なお、窓側の席については、ドアの下部に緊急時の脱出用シュートが収納されており、内側に膨らんでいるため足元が少し狭くなっています。

 客室内の座席は左右方向の通路(ドアが両脇にある通路)ごとに区切られ、それぞれを「コンパートメント」と称します。各コンパートメントの後方に位置する座席は、飲み物などのサービスの順番があとになります。天気が悪いときはベルトサインが点灯しやすく、そうなると機内サービスは中断。後部座席の人はなかなか飲み物のサービスを受けられなくなります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180323 cabinseat 03
  • Thumbnail 180323 cabinseat 01
  • Thumbnail 180323 cabinseat 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. >中央部はギアの昇降の音が
    それが良いんじゃねえか。メカ好きにはw
    主翼がしなるのも見えるし。
    純粋に利便考えると、左舷前方通路側だと思うけど。

    • メカ好き視点の記事なのか?
      勝手にすり替えてんじゃねえ。

  2. 重心の近くが揺れないという記述、そう考えたくなるのはわかりますが、機体は空気の中を飛んでいるので翼の空力中心を基準にピッチが調整されますだから空力中心がと言う考えもあります。しかし実際は違います。記事中にもありますように前が揺れません。これは、重心から前方の方が長いDC9のような機種でも同様です。なぜかというとコックピットが前方にありパイロットが揺れないように体感で操縦するからです。また自動操縦でもセンサーがコックピット付近に置かれているため同様のこととなります。実際編隊を組んで他機の動きを見ていると機体はパイロットを中心に動きます。