快速「しれとこ摩周号」に指定席導入 61日間の期間限定 JR北海道

JR北海道が網走発釧路行きの快速「しれとこ摩周号」に期間限定で指定席を導入します。

Large 180820 shiretokomasyu 01
快速「しれとこ摩周号」に使用される車両と同じ形式のキハ54形ディーゼルカー。写真はイメージ(2016年10月、太田幸宏撮影)。

 JR北海道は2018年8月17日(金)、釧網本線の快速「しれとこ摩周号」に指定席を試験的に導入すると発表しました。

 ウィラーが、釧網本線や沿線の路線バス、観光バスを利用できるパス「Eastern Hokkaido Nature Pass ~北海道縦断絶景レイル&バス~」を9月から設定するのにあわせたものです。

 網走発釧路行きの快速「しれとこ摩周号」は、9月1日(土)から10月31日(木)までの毎日(61日間)、2両編成で運転され2号車の一部が指定席として発売されます。指定席券の価格は520円です。全国のJR駅の「みどりの窓口」や主な旅行会社で販売されます。

●詳細はこちら
https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180817_KO_ShiretokoReserve.pdf

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 摩周湖の謎の怪物に会いに行き易くなるな

  2. 経費的に無茶なのは充分承知ながら、出来ればもう一往復、臨時列車で出そうや。

  3. 転換クロスシート車? それともボックスシート車?