JR釧網本線やレストランバス、知床のバスがセットで9800円 秋に向けパス登場

ウィラーが「Eastern Hokkaido Nature Pass ~北海道縦断絶景レイル&バス~」を発売。鉄道やバスを乗り継いで、道東の自然や食を満喫できます。

9月~10月の期間限定

 ウィラーが、JR釧網本線や「摩周レストランバス」、斜里バスの路線バス、観光バスを利用できる「Eastern Hokkaido Nature Pass ~北海道縦断絶景レイル&バス~」を発売しています。

Large 180723 willerdotopass 01
道東の自然や食を楽しめる「Eastern Hokkaido Nature Pass ~北海道縦断絶景レイル&バス~」(画像:ウィラー)。

 価格は大人9800円(税込)、子ども4900円(同)。利用期間は2018年9月1日(土)から10月31日(水)までです。

 鉄道は、釧路と網走を結ぶJR根室本線・釧路~東釧路間と釧網本線・東釧路~網走間の普通列車(快速含む)普通車自由席が2日間乗り放題になります。

「摩周レストランバス」はご当地の名物を味わいながら、摩周湖や硫黄山などを周遊。1便あたり25席で、1日3便が運行されます。パスでは1回の乗車が可能です。

 斜里バスは、路線バスのウトロ温泉~知床五湖間(1日7往復)、ウトロ温泉~知床峠~羅臼間(1日4往復)と、定期観光バスの「知床浪漫ふれあい号」A~Cコース、「知床 夜の大自然号」(10月8日まで)が利用できます。路線バスは1日乗り放題、定期観光バスは1回の乗車が可能です。

 パスは予約サイトの「WILLER TRAVEL」で販売中。JRの駅窓口などでは購入できません。ウィラーは「それぞれの乗りものを乗り継ぐことで、世界自然遺産の知床や壮大な緑の草原が広がる牧場、地球の鼓動を感じる硫黄山など、一生に一度は訪れてみたい、ひがし北海道の絶景を自由に巡ることが可能です」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180723 willerdotopass 02
  • Thumbnail 180723 willerdotopass 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 一階にエグゼクティブシートを搭載したBKGキングは路線で活躍してるし?
    それか最近はバリューシートが見られなくなったので改造したか?
    何れも運行会社はウイラーではないので請け負った会社も大変ですよね。
    また何処の架装会社が改造したのでしょうか?
    三重交通の路面電車風は東急系の川崎市にある会社が作ったとは聞きましたが
    それにしても二階を背向かいの座席として一階は調理室、炎は使えず電気の調理で駐車中に限定されるとは思いますが?二階全体が開閉屋根の座席という解釈で何とか2ナンバーの構造変更に止まったようですが?
    路線であった一階のお手洗いは残ってるのでしょうか?
    おそらく改造をした会社の存在する最寄りの陸運局で予備検査をして北海道の使用の本拠の陸運事務所で登録したとは思いますが?凄い内容のバスと企画ですね

  2. とりあえず、釧網本線と宗谷本線は何とか残す道を模索しないと。