諸元表「JR四国 2700系特急形ディーゼルカー」

JR四国が2000系の置き換え用として導入する、振り子式の特急形ディーゼルカー「2700系」。おもな諸元を紹介します。

再び振り子式を採用

Large 190130 jrs2700spec 01

拡大画像

JR四国の2700系特急形ディーゼルカー(2019年1月23日、草町義和撮影)。

 JR四国が予讃線、土讃線、高徳線に導入する新型特急車両「2700系」の量産先行車が完成。2019年秋には営業運転に投入される予定です。先に開発された2600系が空気バネ式の車体傾斜装置を採用したのに対し、2700系は2000系と同じ振り子式を再び採用しています。

主要諸元(2700系)

●編成
2700(Mc)+2750(Mc')
※2700、2750ともに制御内燃車(貫通)

Large 190130 jrs2700spec 02

拡大画像

量産先行車は2701+2751号と2702+2752号の2両×2編成が製作された(2019年1月23日、草町義和撮影)。

残り219文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」