諸元表「相模鉄道 12000系電車」

「相鉄・JR直通線」に対応するため登場した新型車両の相鉄12000系電車。外観は濃紺色の「YOKOHAMA NAVYBLUE」で、先頭部は能面のひとつである「獅子口」をイメージしたデザインとなっているのが特徴です。おもな諸元を紹介します。

4月20日から相鉄線内で営業開始

Large 190328 sagami12000 01

拡大画像

「相鉄・JR直通線」に使用される12000系電車(2019年3月、草町義和撮影)。

 2019年11月30日(土)に開業する新線「相鉄・JR直通線」に対応した相模鉄道(相鉄)の12000系電車。オールステンレス車体でありながら、車体色は20000系電車などと同様に濃紺色の「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)」で塗られました。相鉄・JR直通線の開業に先立つ4月20日(土)から、相鉄線内での営業運転を開始します

主要諸元(相模鉄道12000系)

●電気方式・軌間
直流1500V架空線式・1067mm

●形式(車種)|搭載機器|質量(t)
クハ12100(Tc2)|SB|31.6
モハ12200(M6)|CP|31.1
モハ12300(M5)|VVVF|33.1
モハ12400(M4)|SIV・CP|34.0
モハ12500(M3)|VVVF|34.0
サハ12600(T2)| |29.7
サハ12700(T1)| |30.3
モハ12800(M2)|SIV・CP|34.0
モハ12900(M1)|VVVF|33.4
クハ12000(Tc1)|SB|31.3

※クハ12100=横浜方
※クハ12000=海老名方
※VVVF=制御装置
※SIV=補助電源
※CP=コンプレッサー
※SB=バッテリー

●定員
Tc1、Tc2:座席39人 立席101人 合計140人
M1~M6、T1、T2:座席51人 立席108人 合計159人

残り1115文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」