スカニア製2階建てバスに初の3列シート搭載車 盛岡~宮古間の特急便に7月末導入

スカニア製2階建てバス、地方の都市間バスにも導入!

 みちのりホールディングス(東京都千代田区)は2019年7月3日(水)、同社傘下の岩手県北バスが運行する盛岡~宮古間の都市間バスに、スカニア社(スウェーデン)製の2階建てバスを導入、7月31日(水)に出発式を行うと発表しました。

Large 190703 106 01
みちのりホールディングスの「MEX」塗装をまとった「盛宮106特急」(画像:みちのりホールディングス)。

 盛岡~宮古間の都市間バスは国道106号を走ることから「106急行バス」と通称されますが、このバスは特急便「盛宮106特急」として1日1往復、盛岡駅~宮古駅~浄土ヶ浜パークホテル間で運行されます。

 座席は全53席で、3列シートと4列シートが組み合わされて配置されます。2階最前列部の「ワイドビューシート」6席、1階の「ビジネスシート」6席が3列シート、それ以外が4列の「スタンダードシート」です。全席にAC電源(窓側席にはUSBも配置)、個別照明、カップホルダーを備えるほか、3列席はシートテーブル付きです。車内でフリーWi-Fiも利用でき、車いす対応のトイレ1台も備わっています。

 大人片道運賃は、「ワイドビューシート」「ビジネスシート」が2500円、「スタンダードシート」が2030円です。7月4日(木)から予約受付が始まります。

 このスカニア社製2階建てバスは、2018年3月の京成バスを皮切りに、いくつかの事業者が乗合バス(高速バス)に導入していますが、みちのりホールディングスによると、この車両に3列シートを導入するのは、今回が日本で初めてだそうです。

【了】

【画像】車内の座席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. かっこいいなあ。二階席の一番前に座って106急行で宮古まで行ってみたい。

  2. 三陸はいいところだからね、45号バイパスの全線開通も待ち遠しいが景色を楽しむなら旧道だね。
    シルバーフェリーの室蘭、宮古航路を兼ねた観光の活性化や物流の円滑など大きな鍵を握る土地になるだろうね
    間違いなく二階建てバスの導入に相応しい路線だと思うね。
    でも何だか江ノ電バスに似た塗装が妙に似合うのもスカニア独自のデザインの賜なのかな?w

  3. 大昔には中型路線バスまで日本に入れていたバンホール、復権なるか。
    デザインだけなら日本の風景との相性も悪くなく見えるんだがねー。

  4. 高速バスでの運用も構想にありとのこと。
    増備して仙台系統“アーバン”号などへの導入を期待したい。

  5. 収容人数を増やす分、減便を目的ということなのかも・・・
    北九州の連節バス導入も同じ傾向が・・・
    複雑な気持ち。