【懐かしの国鉄写真】昭和39~53年 飯田線の車両はこう変わった

今回も飯田線の写真です。前回の予告通り、初めて訪問した昭和39年に撮影したものから、昭和53年撮影したものに至るまで、計4回訪問して撮影したものを、36枚の写真で時系列的にご覧いただきたいと思います。

4回訪れた、昭和時代の飯田線

 昭和の時代に飯田線を訪れたのは、1964 (昭和39)年3月、1967 (昭和42)年4月、1975 (昭和50)年11月、1978 (昭和53)年8月の4回です。前回は昭和53年の画像だけでしたが、古い分の画像もデータ化したので、全部まとめて大放出とします。

 第1回目の1964(昭和39)年では、いきなり豊橋から辰野までの全線を乗り通しました。計画では天竜峡から飯田あたりで一泊するつもりでしたが、どこで降りようか決断できないまま、結果として乗り通してしまったのです。この時乗ったのはモハ30改造のクモハ14116で、運良く車体中央のクロスシートに座れました。

Large 191224 iida 01

拡大画像

豊橋で初めて「流電」と対面した。手前からクモハ52004-サハ17116-クモハ43004-クハ47104で、クモハ52は湘南色、サハ17は茶色、クモハ43は田町区(伊東線用)から転入して間もなくでスカ色、クハ47は飯田線快速色(「スカ色」の青2号と「湘南色」のオレンジ)という色見本のような編成だった。カラーで撮れなかったのが残念(1964年3月、楠居利彦撮影)。
Large 191224 iida 02

拡大画像

同じ編成を反対側から。サハ17は前年に鶴見線から転入し、1年ほどで仙石線に転出した。クモハ43も翌年に低屋根化され(クモハ43800)、身延線に転出している(1964年3月、楠居利彦撮影)。
Large 191224 iida 03

拡大画像

城西~向市場間で渡らずの鉄橋を通過(1964年3月、楠居利彦撮影)。
Large 191224 iida 04

拡大画像

時又では交換待ちの時にホームに降り、乗った編成を撮影。右からクモハ14116-クハ18-クモハ14-クハユニ56で、前2両が伊那松島区の73運用、後2両が豊橋区の40番代運用になる(1964年3月、楠居利彦撮影)。

 第2回目は主に大海付近で撮影し、廃止が噂されていた豊橋鉄道田口線に乗るため、鳳来寺で一泊しています。この頃はまだクモハ14、クハ16などの17m車もそこそこの勢力を保ち、豊橋機関区所属の20m車は湘南色化が進んでいました。

残り268文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 楠居利彦(鉄道ライター)

1946年、東京生まれ。中央線の沿線で育ったので、鉄道は複線で電化され、長編成の電車が頻繁に走るものと認識している。鉄道誌の創刊に関わり、車両データ本の編集を担当した。趣味は鉄道模型製作。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」