鉄道線路の「枕木」オーナーになれます! 真岡鐵道が募集 名前とメッセージを枕木に

募集は計100口です。

Large 200604 mokamakuragi 01
枕木貼付プレートのサンプル(画像:真岡鐵道)。

 第三セクターの真岡鐵道は2020年6月4日(木)、ひぐち駅(茨城県筑西市)と寺内駅(栃木県真岡市)で新たに「枕木貼付プレート」の募集を始めると発表しました。

 この取り組みは、線路に敷いてある枕木のオーナーを募集し、オーナーになった人の名前とメッセージを記したアクリル板を本線の枕木に貼り付けるというものです。募集は2019年に始まり今回は2回目。1口6000円(税込)で、募集数はひぐち駅が40口、寺内駅が60口です。

 受付は10日(水)午前10時から8月16日(日)まで真岡鐵道ウェブサイトの専用申込フォームで実施。予定数に達し次第、販売は終了します。枕木のオーナー期間は設置から2年間です。

 同社は「真岡鐵道ファン及び全国の鉄道ファンの皆様、枕木のオーナーになって真岡鐵道を応援してください」と呼び掛けています。

【了】

【写真】枕木に付けるプレートの詳細

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント